消費者金融 審査 通らない 原因 理由

消費者金融 審査通らない

信用情報にキズがついている人はいざお金が借りたい時もこれが原因で審査に通らない事が多かったりするでしょう。

 

これらの情報は全カードローンの審査で共通しているので信用情報機関に問題があればお金が借りられない事が決定したも同然だったりするんですよ。

 

だから一社目のキャッシングでだめだからと次のキャッシングへ申し込みしても結果は同じという事になてしまうでしょう。

 

ですからローンが組めないような事故情報がある人だと銀行や消費者金融の審査に通らない事が確定してしまう事なんだと思います。

 

なので以後はカードローンへの申し込みはしない方が身の為なんて場合もあるでしょう。

 

もっと極端に言えば信用情報にブラックがあるならカードローンでお金を借りてはいけないという事になるので、これからお金を借入したいと思うのであれば事故情報があってもお金が借りれる可能性の高いブラック対応ブラック融資対応の会社でお金を借りるようにしてみて下さい。

 

ブラック対応であれば債務整理の人や借金が多い人でも現状の収入で属性問わずお金が借りれるというものでしたからね。

 

総量規制対象とか借金が多くてでお金が借りれないなんて人でも審査の甘いブラック対応のキャッシングであればおまとめローンも審査に通りやすくなる事でしょう。

 

借り入れ基準や審査基準なども甘くなれば当然大手より融資が受けられやすいので過去のデータからも見ればわかる通り、理由問わず誰でもお金が借りやすい事だと思いました。

 

だから最悪の自己破産なんかでもお金が借りれるし勤務先さえちゃんとあって収入があるならお金が借りれるというものでした。

 

まあブラックの場合は大体がカードローン審査に通らないので自分の信用情報にキズがついている。
事故があるなんて場合は速やかにカードローン以外のブラック対応キャッシングでお金を借りてみて下さい。

 

消費者金融審査通らない関連記事

 

  1. 3つの審査落ちの原因
  2. 年収が高いととにかく有利
  3. 入力ミス・記載ミスは全て審査に引っかかる?
  4. 大手がダメなら中小消費者金融へ
  5. 審査落ちの最大の原因は延滞
  6.  

3つの審査落ちの原因

消費者金融の審査は必ず受けなければならないものです。
銀行より通りやすい審査ですが、落ちる場合もあります。
業者で審査基準は違いますが、落ちる人は何度申込をしてもダメな場合もありますが、こんな方は落ちやすい傾向もあります。

 

申込ブラックの問題

何度申込をしても落ちる。
これは短期間に申込を繰り返すことが原因の可能性があります。
一回目の申込で審査落ちだった場合、そのまま続けて何度も申込をすると信用情報に記録が半年間残ります。
その期間は、申込をしても落ちます。
俗称ですが、申込ブラックと言って事故情報になります。
最初の一回で、とりあえず審査に通らないのであれば、そのときの原因は別にあり、何度も申込むことで、“新たに審査落ち”の原因が加わったことになります。

 

多重債務の問題

他社からの借入がある場合、その業者の基準を上回っていると、通りません。
大手消費者金融では2社程度、中小消費者金融では3社程度と言われています。
借入金額も多ければ、利用限度額に近ければ、審査落ちの可能性は高くなります。
ただし、中小消費者金融の場合は、総量規制限度内であれば、数万円の借入ができます。

 

収入の問題

大手消費者金融では、50万円以下の場合は収入証明書は不要ですが、勤務先の在籍確認は絶対です。
年収によって利用限度額(総量規制限度額)が決まりますが、年収がアルバイトだけで50万円満たないとか、無収入の方、専業主婦は最初から審査落ちです。
中小消費者金融では、必ず収入証明書がなければ、申込もできません。
職業や収入等の個人情報は属性情報として確認されることですが、どのくらいの返済能力があるのか、ここが問題になります。
少ない収入なのに希望額が大きいのも審査では通りません。

 

信用情報の問題

信用情報は、個人が申込の入力情報だけではなく、個人信用情報機関の照会から行います。
申込のときの入力は、職業や年齢、現在の借入件数などですが、過去の情報などは金融業者で調べます。
その時に、自己破産などの債務整理をしていたとか、申告とは違う住宅ローンなどのキャッシング以外の債務がある、延滞情報などを調べます。
大手消費者金融では、コンピューターのスコアリングシステムで数字化して瞬時に判断ができます。
この時に、債務整理も10年の期間が経過していたならOKだけど、7年前はNGと言うように判断されてしまいます。

 

主に事故情報として扱われるのはこの3つがポイントです。
消費者金融でも大手と中小では基準が違っていて、中小キャッシング会社では、信用情報の審査基準だけが、ハードルが低いとされています。
総量規制限度額がある場合と収入がしっかりしている方で、大手消費者金融の審査に落ちた方は、中小消費者金融に申込をするとキャッシングができたと言う口コミはとても多いです。

 

 

年収が高いととにかく有利

消費者金融の申込をしようというときに、銀行カードローンに借入がある方もいます。
消費者金融は年収3分の一以内が利用限度額です。
銀行にはない法律です。
消費者金融、この範囲内なら借りられる、要するに多重債務も消費者金融だけなら大丈夫と思いがちです。
消費者金融だけではなく銀行カードローンもあれば、多重債務と見られる場合もあります。
意外なことに、銀行カードローン+消費者金融の多重債務で、まだ総量規制の範囲に達していない場合、審査に通ってしまう方もいるのです。

 

キャッシングのからくり

銀行カードローンと消費者金融の融資に関係する法律は違います。
総量規制の有無で利用限度額が違うのも1つですが、個人信用情報機関も違う場合があります。
消費者金融に申し込みのときに銀行カードローンの債務がノーチェックになった場合、総量規制範囲内があるので審査落ちしないことが起こります。
では、総量規制さえ空いていれば審査はいける。
他社借入が消費者金融ではなく、銀行カードローンならOKなときもあるかもしれません。

 

A銀行の保証会社は消費者金融

最近、銀行の審査の際の保証会社はプロミス等の大手消費者金融であることが多いです。
保証会社では、キャッシング申し込みのときの審査を担う金融会社になります。
ということは、大手消費者金融申し込み時に、その消費者金融が保証会社となっている銀行カードローンがある場合は、完全多重債務であることがバレます。
そして、消費者金融の総量規制の限度額に余裕はあるものの、銀行カードローン利用の存在を知ってしまうのです。
これは間違いなく審査落ち要件です。

 

属性情報もキーポイント

ところが、です。
消費者金融や銀行カードローンの審査の口コミ情報で、ヘビィな借り方をしているのに、審査に通る方もいます。
それは、勤務先、長い勤務年数と収入が高い方です。
高収入の方には優遇されている感じですが、消費者金融の審査で、総量規制もはみ出していないということで、銀行カードローン債務があってもOKが出ます。
極端に借入額ではない場合と延滞情報がない方限定ですが、収入証明書で高収入と審査に通った方は、こうした現象もあるのです。

 

低収入と金融事故情報があれば審査落ち

条件として高い収入を挙げられてしまったら、パートやアルバイトには関係な話です。
銀行カードローンと消費者金融の多重債務は難しいでしょう。
年収によって申込者を選択と言うのは、ある程度仕方のないことです。
職業による属性だけでも審査項目が違うのですから、あくまでも返済能力が高い方はなかなか審査も落とさないでしょう。
しかし、金融事故がある場合は別です。
高い収入でも多額の多重債務の借り入れ状況、最近の任意整理、繰り返していた延滞情報など記録がある場合は、審査は絶対に通りません。
ただキャッシング会社にしてみれば、高い収入であると言うだけでも見方が違うということです。

 

入力ミス・記載ミスは全て審査に引っかかる?

消費者金融で審査に落ちるのは、その時点での返済能力に問題があるからです。
個人信用情報だとか、債務整理をした、ブラックリストなども大きな理由ですが、中には申込時のちょっとしたミスが原因になることもあります。

 

今は働いていないけれど

先月退職した勤務先を書いたり、年収も30万円ほどアップ(270万円だけど切りが良い300万円にしたり)と言うのは虚偽記載になります。
特に、勤務先は在籍確認がありますし、収入証明書提出になると、収入も同時にバレます。
個人事業主なども確定申告を提出しますから、収入は正確に記入してください。
勤続年数も長いほど信用は大きいです。
微妙なのが、1年と10ヶ月の2ヶ月ほどの差です。
消費者金融では、この1年というのはボーダーラインになっていて、◯年と書けないのは辛いところです。
ここでは正確さを記するため、あと2ヶ月待って正直に1年と書きましょう。
全てバレることで、バレた瞬間審査に落ちます。
虚偽記載は、個人信用情報機関に報告され、しばらく間、あちこちの金融機関の審査落ちが続くことになります。

 

他社借り入れ件数

これは絶対に間違えないでください。
どんな消費者金融でも少ない方が審査に通ります。
0件が最も理想の数ですが、現に他社借り入れがあるときには、正直に記載することです。
消費者金融では、信用情報で確認しますからバレます。
今の返済状況を確認しつつ正確に記載してください。

 

申込時の虚偽記載が審査落ちになってしまうのは、本人としても不本意なことです。
そして、入力ミスではなく意図的な操作と見られてしまうのです。
多重債務を多く記載してうっかりした、年収も少なく書いてしまい損をしたという場合でも、消費者金融としては、虚偽記載と見ることになります。
最近ではインターネット申込簡単に素早く入力してしまう方も多いですが、間違った記載で審査に通らないことも多いです。

 

お金を貸す会社では、個人信用情報機関は必ず確認をします。
金融事故の確認だけではなく、申込内容との比較も兼ねています。
名前や年齢などもチェック項目になっていて、申込野際の審査落ちもあるのです。

 

何度も申込をして落ちる申込ブラックとは違い、虚偽記載による馬鹿らしい審査落ちも多く報告されています。
中には年収水増しを行う方もいますが、これはバレますから絶対にしないようにしましょう。

 

このままの状態なら審査に自信がない方

審査基準は、消費者金融によって違います。
口コミでも審査が甘い、借り入れ状況がかなりブラックであってもキャッシング可能なところも多いです。
虚偽記載をするのではなく、最初から審査が甘いとされる消費者金融に申込をしてみてください。
ここでのNGは、

  • 収入がないこと
  • 長期延滞をしていない
  • 総量規制に余裕があること

です。
いわゆるブラックリストも借りられたという体験談も多いです。

 

大手がダメなら中小消費者金融へ

消費者金融野審査に通らない可能性がある方で、消費者金融と言ったら、CMでやっているようなところしかないと思っている方も少なくありません。
消費者金融には幾つか種類があります。

 

大手消費者金融

プロミス、アイフル、モビットなどお金を貸してくれる有名な金融業者と言っても良いでしょう。
CMも行っていますが、サラ金時代から名前を知られている大手企業です。
最近では、銀行傘下に入っていますが、銀行カードローンとは異質です。
以前と変わった部分では、より借りやすくなったこと、貸金法の法律ができて、利息制限法で金利が20%になり、総量規制で年収の3分の一の利用限度額になったことです。
この中で借りやすいのは、インターネット完結での申込ができるようになったことです。
ここでの審査は、消費者金融の中でも厳しいです。

 

中小消費者金融や街金

両方ともに同じです。
大手消費者金融と違うのは、営業規模だけではなく、審査基準の甘さです。
総量規制や利息制限法などは同じですが、ここでは厳しい大手の審査に通らない方でもキャッシングができることで注目されています。
インターネット申込もできますが、電話や来店など野方法も健在です。
大手と審査が違う内容として、提出書類が膨大で、審査でもいろいろと質問されることが多いです。
それは、大手でも借りられるような方はすぐに貸してくれるのですが、大手で審査落ちした方は、ジックの話を聞いて、相談をした結果に借入ができる形になります。
時間はかかりますが融資率は高く、任意整理、自己破産経験者もここで借りたという評判中小消費者金融が多いのが特徴です。
ただ知名度が低いことで、知らない方はきっと多いことでしょう。

 

2つの消費者金融の違いは審査内容です。
特に中小消費者金融では、

  • 事故情報
  • 債務整理情報
  • 多重債務

に対して柔軟な審査をします。
しかし、利用限度額は大手と同じですし、収入がない方に対しての貸付はしません。
そして、中小消費者金融での審査に通らない方も当然います。

 

大手と中小の審査の違いは歴然としていますが、どこも必ず確認をするのは返済能力です。
大手は、過去の債務整理なども理由に掲げますが、中小は、とりあえず将来に向けての返済に期待をするところで、審査の甘さが出ます。
しかし、注意したいのは、中小消費者金融ではギリギリの限度額に近い借り入れもできます。
返済が遅れるようなことがあれば、即債務整理です。
それなら、大手消費者金融の審査落ちの時に無駄な抵抗はせずに、中小消費者金融で借り入れをしないで債務整理をさっさとしてしまったほうが良い方も少なくありません。

 

審査落ちの最大の原因は延滞

消費者金融の審査で絶対に避けなければならないのが、延滞情報の有無です。
カードローン申込、アコムなどの大手消費者金融、中小キャッシング会社などでもNG項目です。
延滞と言えば、返済日にお金をいれないことですが、引き落としになっていた場合、少し残高が少なくて、引き落としができなくなったということがあります。
これも実は延滞になってしまいます。
このような延滞であれば、こちらから連絡をして対処しましょう。
2回程度の経験ですと、全く問題がないです。
ただしそれ以上になると、給料日の関係から難しいのであれば、必ず相談してください。
故意な延滞ではない場合は、消費者金融側も対処してくれるでしょう。

 

問題は払えない

本当の延滞はこうした引き落としではなく、お金がなくて払えない場合です。
利用限度額が決まっている消費者金融では、必ず返済日に入金されることで契約が成立しています。
それが延滞が続くと、審査落ち。
カードローンなどでも利用がストップしてしまいます。
2回が限界ですが、1回でも延滞をすると必ず電話連絡や郵便物がきます。

 

個人信用の事故情報

同時に、個人信用情報には異動情報が付きます。
これは事故情報で、ブラックリストの称号です。
これからしばらくの間、消費者金融全ての借り入れができません。
中小消費者金融でも、多重債務などの事故情報には甘いですが、延滞に関しては、一切審査落ちです。
たまたま支払いをしなかった、忘れていたも2回までが仏の顔で、3回目でアウトです。

 

携帯電話は大丈夫?

最近の携帯電話の料金は新機種にした場合クレジットで払っている方も少なくありません。
ということは、毎月決まった時の支払いをしないということは、延滞記録が付くことになります。
それが毎月月遅れで払っているから大丈夫というのは甘いです。
ただ、クレジットカードと消費者金融の保証会社、信用情報などが違うことでギリギリセーフの方もいますが、できれば、今はすぐ延滞は解消した方が今後のためです。

 

延滞は罪深い

中小消費者金融では、自己破産2年後の方もキャッシングが可能です。
延滞よりもこちらの方が審査が通るのです。
これは、延滞は返済ができないと自ら証言しているようなものだからです。
自己破産に関しては、その時に返済ができないから法的手段で解決しようと前向きです。
大手消費者金融では7年程度の借り入れ禁止ですが、中小消費者金融では比較的早くに借り入れ解禁になるのです。
延滞は、過去のものであれば、中小消費者金融の審査は期待できますが、大手や悪質(長期延滞)のときには、審査落ち原因のトップで、一生借りられない方もいます。

 

住宅ローンやカーローンなどの場合は、キャッシングと違いローン内容の見直しなどにも対応しているようです。
実は消費者金融も同じ方法で、延滞をする=今度の返済が難しいのであれば、事前に相談をしてください。
一種の任意整理にはなってしまうのですが、消費者金融の印象が全く違います。